2011年03月22日

わきがは直る(60日で)

 あなたは、「わきが」で悩んでいませんか。(その他体臭で)

わきがの治療にはいくつかの方法があります。

1.超音波治療法
超音波治療法とは、わきの下に超波発生器具を挿入して汗腺類を吸引、除去する方法です。
超音波の周波数をコントロールすることで汗腺のみを破壊できます。
手術時間も約30分程度で、なんと日帰り手術も可能です。

2.ボトックス法
ボトックス法とは、脇の下にボツリヌス菌を注射し、
ボツリヌス菌が作り出す毒素で筋肉の収縮を抑えることによって汗腺類の働きを抑える治療方法です。
メリットはメスを使わず治療できるという点です。
デメリットは時間と費用がかかる点です。半年毎、数年間治療を続けなければなりません。

3.電気凝固法
電気凝固法とは、高周波電流でアポクリン腺や皮脂腺を破壊する方法です。
脱毛を行うとき、毛根に高周波電流を流して毛根細胞を破壊してしまうという方法がありますが、それをわきがに応用した方法です。

上記3つは強いわきがの方にはあまり効果は期待できません。

対処療法に近いと思って頂いて構いません。
すなわち根本治療ではないので、また、近い将来、においは発生するでしょう。

やはり、メスを入れて取り除く方法が1番てっとり早いと言えます。
下記2つがそれです。

4.剪除法

剪除法とは、わきの下の皮膚に数センチの切れ込みを入れ、皮膚をめくり、
医師がひとつひとつアポクリン腺を取り除いていく方法です。
わきの下に傷跡が残リやすいです。
高度技術を要する手術方法であるため、手術時間も長く費用も高額になります。


5.皮下組織削除法

皮下組織削除法は、わきの下の皮膚に切れ目を入れ、
そこからはさみのような専用器具で皮膚の裏側の組織を汗腺ごと削ぎ取る方法です。
跡が残る点、手術後も入院が必要です。

「わきが(ワキガ)」は、「臭いの病気」ではなく
「体内の病」が外に悪臭として放出しているので
「対処療法では改善しない」のです。
その証拠に「わきが」の人は、「他の体臭も臭い」のです。

事件は「体内で起こっている」のです。

黒人のわきが(ワキガ)率は、100%と言われています。
白人のわきが(ワキガ)率は、75%と言われています。

20年前の日本人のわきが(ワキガ)率は、25%だったと言われています。
それが現在は白人と同等になりつつあります。
確実に日本人のわきが(ワキガ)人口が増えて来ているのです。


「わきが(ワキガ)は加速する!」のです。

手術しなくても直る方法があります。

「わきが克服60日間プログラム」です。

いますぐわきが克服60日間プログラムをはじめましょう。

posted by じやお at 00:33| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。