2011年03月31日

兼子ただしの -スピードスポーツストレッチ-

 この教材の講師の兼子ただし氏は、日本で初めてストレッチ専門店を開業させたトレーナーで、現在7店舗を経営されています。



 店に行かなくてもストレッチが出来る、しかも短期間に。



 この「新しいストレッチ法」があれば、生まれつき硬かったとしても



 30分以内にカラダを柔らかくし、



「動きやすくて、疲れにくい身体」や「美しい姿勢」までもが手に入ります。



 身体が硬い原因の一番多いのは、「姿勢」にあります。



1.筋肉や関節の一部に負担がかかり続け、その部分が硬くなってしまう。



2.本来、動かすべき筋肉や関節を使わなくなり、その部分が退化してしまう。



ということです。



姿勢の悪化がもたらす、この2つにより、多くの方が
本来動かせるはずの、体の可動域を使えなくなっています。



なので柔軟性を手に入れるには
1. 正しい姿勢を覚える
2. その上で、人体の構造上、もっとも効率的な動き方を覚える
…(関節意識を使う。)



この2つが、最優先なのです。



ご家庭で簡単な(痛くない)ストレッチを続ければ簡単に柔軟性を手に入れられるのです。



その方法は ↓



兼子ただしの“SPEED SPORTS STRETCH” -スピードスポーツストレッチ-



のDVDでわかりやすく説明しています。



タグ:ストレッチ
posted by じやお at 22:29| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

「頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネック」は治る

あなたは「頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック」は一生治らないと思っていませんか?



実は医者から手術を勧められているような人でも21日間で症状を改善できる方法があります。



健康雑誌「壮快」でも取り上げられ、のべ9万人以上の患者さんを救い続けている「首の治療の専門家」が病院や治療院に通わなくても、「頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法」をお教えします。



その方法は
■誰でも自宅で行える
■簡単で時間がかからない
■薬やサプリメントは一切使用しない
■高い健康器具や枕を買う必要もない
■「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」」の根本原因を解決できる



その方法を大まかに3つあげると
1.あなたが普段動かしていない筋肉を意識的に動かします
2.首とは別のある部分を動かし、従来の動きが出来るようにします
3.身体のバランスを、ある方法で整えます



たったのこれだけです。
これだけのことを実践していただくだけで、気がついたら「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」が改善しているのを実感することでしょう。



「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」でお悩みのあなたのために、この「改善法」の秘密のすべてを初公開したDVDを作成しました。DVDなら自宅でいつでも、何度でも見ることができます。
また映像を見ながら真似をするだけでよいので、誰でも簡単に実践できます。



3週間後にはつらい症状から開放されています
「完全返金保障」もついています




DVDの申し込みはこちら





みなさんがこの改善プログラムに取り組むことで、「首や肩の痛み」が改善し、健康で楽しい毎日が送れるようになることを切に願っております。

posted by じやお at 00:38| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

わきがは直る(60日で)

 あなたは、「わきが」で悩んでいませんか。(その他体臭で)

わきがの治療にはいくつかの方法があります。

1.超音波治療法
超音波治療法とは、わきの下に超波発生器具を挿入して汗腺類を吸引、除去する方法です。
超音波の周波数をコントロールすることで汗腺のみを破壊できます。
手術時間も約30分程度で、なんと日帰り手術も可能です。

2.ボトックス法
ボトックス法とは、脇の下にボツリヌス菌を注射し、
ボツリヌス菌が作り出す毒素で筋肉の収縮を抑えることによって汗腺類の働きを抑える治療方法です。
メリットはメスを使わず治療できるという点です。
デメリットは時間と費用がかかる点です。半年毎、数年間治療を続けなければなりません。

3.電気凝固法
電気凝固法とは、高周波電流でアポクリン腺や皮脂腺を破壊する方法です。
脱毛を行うとき、毛根に高周波電流を流して毛根細胞を破壊してしまうという方法がありますが、それをわきがに応用した方法です。

上記3つは強いわきがの方にはあまり効果は期待できません。

対処療法に近いと思って頂いて構いません。
すなわち根本治療ではないので、また、近い将来、においは発生するでしょう。

やはり、メスを入れて取り除く方法が1番てっとり早いと言えます。
下記2つがそれです。

4.剪除法

剪除法とは、わきの下の皮膚に数センチの切れ込みを入れ、皮膚をめくり、
医師がひとつひとつアポクリン腺を取り除いていく方法です。
わきの下に傷跡が残リやすいです。
高度技術を要する手術方法であるため、手術時間も長く費用も高額になります。


5.皮下組織削除法

皮下組織削除法は、わきの下の皮膚に切れ目を入れ、
そこからはさみのような専用器具で皮膚の裏側の組織を汗腺ごと削ぎ取る方法です。
跡が残る点、手術後も入院が必要です。

「わきが(ワキガ)」は、「臭いの病気」ではなく
「体内の病」が外に悪臭として放出しているので
「対処療法では改善しない」のです。
その証拠に「わきが」の人は、「他の体臭も臭い」のです。

事件は「体内で起こっている」のです。

黒人のわきが(ワキガ)率は、100%と言われています。
白人のわきが(ワキガ)率は、75%と言われています。

20年前の日本人のわきが(ワキガ)率は、25%だったと言われています。
それが現在は白人と同等になりつつあります。
確実に日本人のわきが(ワキガ)人口が増えて来ているのです。


「わきが(ワキガ)は加速する!」のです。

手術しなくても直る方法があります。

「わきが克服60日間プログラム」です。

いますぐわきが克服60日間プログラムをはじめましょう。

posted by じやお at 00:33| Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。